5%ティーツリーオイル入りシャンプーの驚くべき防フケ効果【研究論文紹介】【脂漏性皮膚炎にも】【妊婦使用可】

まず結論。

5%ティーツリーオイル入りのシャンプーがフケ症に効果があることが研究論文で示されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

5%ティーツリーオイル入りシャンプーの作り方:
シャンプーワンプッシュに対してティーツリーオイル3滴です。
→2プッシュなら6滴です。

計算:一般的にシャンプーワンプッシュは約3mL一般的なドロッパーではオイル1滴0.05mL(GAIA等のドロッパーは1滴0.025mLのため注意)。計算すると、3mLシャンプー中に3滴で0.15mL→0.15/3×100=5%。

↓↓筆者が使用しているティーツリーオイル

筆者はストレスがあるとすぐフケが出て悩まされていましたが毎日シャンプーをすると
使用3日目からフケがでなくなりました

※熱感・ヒリツキ・そう痒感・発赤などの症状が現れたら皮膚に合っていない可能性がありますので使用を控えてください。

妊婦にも使用できます。詳細:妊婦の方のエッセンシャルオイル②【妊娠中に安全に使える】

↓↓筆者も使用のおすすめシャンプー

↓↓筆者はリンスも合わせて使用しています
コラージュフルフル ネクストリンス すっきりさらさらタイプ 400mL (医薬部外品)

↓↓うるおいなめらかタイプもあります

↓↓リンス
コラージュフルフル ネクストリンス うるおいなめらかタイプ 400mL (医薬部外品)

ぜひお試しあれ。

以下、根拠となる研究論文の紹介。

ティーツリーオイルを治療用に使用するにあたって必要な情報は、
誰にどんな濃度でどのくらいの期間使ってどうなったか(結果)副作用 です。

誰に→ヒトが望ましい。ぐぐってみるとブログやnaverまとめで、試験管内でのデータが混在。試験管内で起きた事象がヒトで起こるとは限りません。濃度→抗菌作用は濃度によって変わります。濃すぎても副作用の皮膚刺激が起こりやすくなるため良くない。

しかし、日本語のページを検索してみてもこれらがまとまっている記事はありませんでした。
米国微生物学会の刊行している”Clinical Microbiology Reviews”に掲載されたレビュー論文にティーツリーオイルの抗菌性について綺麗にまとまっていましたのでご紹介いたします。

その論文はこちら→Clin Microbiol Rev. 2006 Jan; 19(1): 50–62.

この論文によると、ティーツリーオイルには抗菌作用抗炎症作用があることが分かります。
論文中のTable 5.のうち、馴染み深い病気のいくつかピックアップすると(全てヒトを対照とした研究です)、

  • 124人のニキビ患者に、5%ティーツリーオイル入りゲル剤を3ヶ月使用し、炎症病変が改善。44%の人で乾燥・熱感・ヒリツキ・発赤の副作用。
  • 126人のフケ症患者に、5%ティーツリーオイル入りシャンプーを毎日4週間使用し、頭皮病変スコアが改善。5%の患者に熱感・ヒリツキ・そう痒感の副作用。
  • 他にも再発性口唇ヘルペス、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、エイズ患者の口腔カンジダ症、足白癬(水虫)、爪真菌症(爪水虫)についての有効性が記載(詳細割愛)。

このように5%ティーツリーオイルはニキビ、フケ症に効果があることが分かりました。
今回は特にフケ症について言及します(ニキビについては要望があれば作成します)。

フケ症の原因は諸説ありますが、カビの一種であるマラセチア・フルフル(Malassezia furfur)が原因であるという説があります。脂漏性皮膚炎の原因とも言われています。これは健康な人の皮膚にも住み着いている皮膚常在菌です。
Table 4.によると(in vitro つまり試験管内の研究です)、
マラセチア・フルフルに効果を示すティーツリーオイルの濃度は、

  • 最小発育阻止濃度90(90%の菌の発育を阻止する濃度)は0.12%
  • 最小殺菌濃度90(90%の菌が殺菌される濃度)は1%

参考文献1:Clin Microbiol Rev. 2006 Jan; 19(1): 50–62.
参考文献2:Antimicrob Agents Chemother. 2000 Feb; 44(2): 467–469.

このことから、フケ症にティーツリーオイルが効く理由は、マラセチア・フルフルに対する殺菌作用と抗炎症作用によるものだと考えられます。

以上の結果をふまえて実際に使ってみました。

5%ティーツリーオイル入りシャンプーの作り方:
シャンプーワンプッシュに対してティーツリーオイル3滴です。

筆者はストレスがあるとすぐフケが出て悩まされていましたが毎日シャンプーをすると
使用3日目からフケがでなくなりました

※熱感・ヒリツキ・そう痒感・発赤などの症状が現れたら皮膚に合っていない可能性がありますので使用を控えてください。

ぜひお試しあれ。

こちらの記事もご参照ください:ティーツリーオイルの成分について【研究論文紹介】

Twitter でフォロー

宜しければフォローをお願いします♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA