相互作用

代表的なCYP3A4阻害薬と強さの一覧表(グレープフルーツについても解説)

この記事は医療従事者向けです。CYP3A4阻害薬とその阻害の程度についての一覧表です。例えばリトナビルは強力なCYP3A4阻害薬です。記事はCYP3A4の薬物相互作用の理解に役立つ情報を提供します。
検査値

薬剤師向け:高ナトリウム・低ナトリウム血症の基準値・症状・原因/薬剤性

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けにナトリウム(Na)についての基本的な知識と臨床応用について解説。低Na血症の症状、高Na血症の症状、それらの原因として薬剤性や病態、および関連する禁忌の薬剤について詳しく説明。
検査値

薬剤師向け:血小板(Plt)検査値の解説(基準値・副作用)

この記事は医療従事者向けです。薬剤師のための実践的な血小板(Plt)の考え方ガイド。血小板数の基準値とCTCAE分類を詳しく解説し、調剤薬局での実際の対応方法も示します。抗がん剤による血小板減少にどう対処するか、専門的な知識を提供します。
臨床計算機

腎機能と薬剤投与量の計算ツール

この記事は医療従事者向けです。腎機能と薬剤投与量の計算ツールです。医師や薬剤師などの専門家の判断が必要です。内服薬に焦点を当て、投与量依存性の副作用を回避するための実用的なツールです。具体的な薬剤の例とツールの使用方法を紹介します。
検査値

薬剤師向け:Hb(ヘモグロビン)の基準値と低下の原因(薬剤性)

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けにHb(ヘモグロビン)検査値の解釈と意義について説明します。Hbの低下が引き起こす症状や治療についても解説し、抗がん剤におけるHb値の重要性についても触れています。また、薬局での実例もご紹介します。
検査値

薬剤師向け:eGFRとCcrの違いについて

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けに、eGFR(推定糸球体ろ過率)とCcr(クレアチニンクリアランス)の違いについて詳しく解説し、腎臓の評価に役立つ計算機を提供します。また、患者個別の体格を考慮する重要性にも触れます。
検査値

薬剤師向け:WBC(白血球)の基準値と抗がん剤について解説

この記事は医療従事者向けです。白血球(WBC)の重要性とCTCAE分類に焦点を当て、薬剤師向けにWBCの解釈と臨床応用について解説します。抗がん剤の投与基準や炎症反応の評価に関心がある方に役立つ情報が満載です。
検査値

好中球(Neutro/SEG)が低い時は?基準値・計算を薬剤師が解説

この記事は医療従事者向けです。好中球(Neutro/SEG)の計算機を提供し、薬剤師が解説します。好中球のグレード、発熱を含む重症度の評価、感染予防の重要性について学びましょう。薬局の実例と要点をご紹介。
検査値

薬剤師向け:T-Bil(総ビリルビン)の基準値について解説

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けにT-Bil(総ビリルビン)ついて解説します。基準値やCTCAE Grade分類に関する情報を提供し、エスワンやゼローダなどの抗悪性腫瘍薬の休薬基準についても詳しく説明します。
検査値

薬剤師向け:BUN/Cre比の基準値と脱水の判別について解説

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けにBUN/Cre比を活用して脱水や腎機能を評価する方法について解説。BUN/Cre比の意義や乖離している場合のアプローチについて理解を深めましょう。症例を通じて腎機能の評価と薬物療法に関して考察します。
タイトルとURLをコピーしました