検査値

筋肉量が減少時の腎機能評価/クレアチニンの問題点とシスタチンCによるeGFR推定

筋肉量が減少した場合、クレアチニンによる腎機能評価が過大評価される可能性があります。代わりにシスタチンCを利用した腎機能評価の重要性や、それに基づくeGFR計算ついて詳しく解説。クレアチニンクリアランスで使われるラウンドアップ法の問題点にも触れています。
検査値

薬剤師がすぐに使える!腎機能検査値の見方

この医療従事者向けの記事では、腎機能検査値の正しい解釈と処方薬の適切な調整について解説しています。クレアチニンクリアランスの算出方法や具体的なケーススタディを通じて、薬剤師が即座に実践できるアプローチを提供します。また、注意点も説明しています。
臨床計算機

AUCの計算ツール ―腎機能低下例では相互作用により深く注意―

この記事は医療従事者向けです。腎機能低下例に相互作用が生じた場合のAUCの計算方法を解説。腎機能低下例におけるコルヒチンとクラリスロマイシンの併用による重篤な転帰の報告の紹介、数式と図を交えてAUCの計算方法とその意義について解説。
臨床計算機

酸塩基平衡の読み方を薬剤師がわかりやすく解説。計算機/Na-Cl差

この記事は医療従事者向けです。動脈血ガス分析の計算と解釈方法を学ぶ記事です。ただし、診断には医師の判断が不可欠であり、本記事は学習資料としてのみ使用すべきです。
検査値

酸塩基平衡異常と薬学

この記事は医療従事者向けです。計算結果は目安です。アシドーシスとアルカローシスの原因と注意事項に関する詳細な情報を提供する記事。アシドーシスおよびアルカローシスのメカニズム、代表的な原因、薬剤との関連性について解説し、注意を要する薬剤についても紹介。
未分類

ジェネリック医薬品とは?意味は?メリットとデメリットを分かりやすく説明

この記事では、ジェネリック医薬品について詳しく説明します。ジェネリック医薬品のメリットとデメリット、および医療制度への寄与について理解できます。安価な薬剤から速効性の問題まで、幅広い情報を提供します。
検査値

薬剤師向け:HbA1cが低値の時の考え方

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けに、HbA1cが低値の場合の考え方と臨床応用について解説します。HbA1cが6.0%未満の状況で、低血糖のリスクや対応例について詳しく説明しています。
臨床計算機

Child-Pugh 分類 計算ツール&代表的な禁忌薬一覧

この記事は医療従事者向けです。Child-Pugh 分類とは肝機能の評価に用いられる方法であり、この記事ではChild-Pugh 分類の計算方法と代表的な禁忌薬の一覧を提供しています(2023年9月2日時点、全ては網羅できていない可能性があります)。
臨床計算機

必要エネルギー量の計算サイト:Harris-Benedictの式×活動係数×ストレス係数(現体重と理想体重の両方で算出)

この記事は医療従事者向けです。必要エネルギー量を計算するサイト:Harris-Benedictの式、活動係数、ストレス係数を用いて、現在の体重と理想体重の両方で必要エネルギーを算出します。体重管理と栄養計画のための臨床計算機。
検査値

薬剤師向け:アルブミンの基準値とエネルギー計算の解説

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けのアルブミン(Alb)に関する記事。アルブミンの基準値、臨床応用、栄養補給に関する情報を提供します。薬局での活用例も紹介。必要エネルギー量計算ツールも紹介。
タイトルとURLをコピーしました