検査値

薬剤師向け:eGFRとCcrの違いについて

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けに、eGFR(推定糸球体ろ過率)とCcr(クレアチニンクリアランス)の違いについて詳しく解説し、腎臓の評価に役立つ計算機を提供します。また、患者個別の体格を考慮する重要性にも触れます。
検査値

薬剤師向け:WBC(白血球)の基準値と抗がん剤について解説

この記事は医療従事者向けです。白血球(WBC)の重要性とCTCAE分類に焦点を当て、薬剤師向けにWBCの解釈と臨床応用について解説します。抗がん剤の投与基準や炎症反応の評価に関心がある方に役立つ情報が満載です。
検査値

好中球(Neutro/SEG)が低い時は?基準値・計算を薬剤師が解説

この記事は医療従事者向けです。好中球(Neutro/SEG)の計算機を提供し、薬剤師が解説します。好中球のグレード、発熱を含む重症度の評価、感染予防の重要性について学びましょう。薬局の実例と要点をご紹介。
検査値

薬剤師向け:T-Bil(総ビリルビン)の基準値について解説

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けにT-Bil(総ビリルビン)ついて解説します。基準値やCTCAE Grade分類に関する情報を提供し、エスワンやゼローダなどの抗悪性腫瘍薬の休薬基準についても詳しく説明します。
検査値

薬剤師向け:BUN/Cre比の基準値と脱水の判別について解説

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けにBUN/Cre比を活用して脱水や腎機能を評価する方法について解説。BUN/Cre比の意義や乖離している場合のアプローチについて理解を深めましょう。症例を通じて腎機能の評価と薬物療法に関して考察します。
検査値

薬剤師向け:肝機能検査値(AST、ALT)の基準値と薬局での対応例をご紹介

この記事は医療従事者向けです。肝障害の評価と薬物選択の考察。CTCAE分類やChild-Pugh分類についても解説。
検査値

薬剤師向け:処方箋と検査値の記載について、項目ごとに解説

この記事は医療従事者向けです。薬剤師向けに、処方箋と検査値の記載について詳しく解説しています。検査値の理解とその活用が薬剤師にとってなぜ重要なのか、具体的な検査項目の説明、およびその情報をどのように処方箋と関連づけるかについて詳しく説明しています。
臨床計算機

蓄積率計算&薬物動態シミュレーター

この記事は医療従事者向けです。半減期や投与間隔を入力するだけで、薬物の蓄積率を計算し、さらにtmaxも入力すれば薬物動態をweb上でシミュレート。薬物の効果がどれくらいで現れるのか、蓄積することでどのような影響があるのかを理解するための手法を解説。
レジメン

【ピロリ菌除菌】保険適応から非承認まで。一次除菌・二次除菌・三次除菌・四次除菌

この記事は医療従事者向けです。ピロリ菌除菌の薬剤選択とアモキシシリンアレルギー時の対応について解説。一次・二次除菌の選択肢や非承認のレジメンについて詳述し、併用の理由とAMPCの有効性にも触れる。また、ペニシリンアレルギーの場合の対処法や関連報告を紹介。
作用機序

周術期の血糖管理【糖尿病患者の外科手術】

この記事は医療従事者向けです。糖尿病患者の手術における血糖管理の重要性と血糖コントロールのためのインスリン使用について解説。手術前・中・後の血糖コントロールの重要性や輸液成分の変更、手術後の感染リスク低減のための血糖管理の必要性や、手術前の絶食に伴う低血糖リスクも記載。
タイトルとURLをコピーしました